エキスパートシステム

Prolog

エージェントアプローチ 人工知能 (Artificial Intelligence – A Modern Approach)

ここ最近ルールベースAIとかハイブリッドAIとか書いておりますが、なんか最近の人工知能の本ってAIでも第3世代以降の機械学習とか深層学習の本ばかりで、あまり第1世代の探索や、第2世代の論理的なAIのことが書かれてる本が少ないですね。また、...
BPM、SOA

オリンピック選手のトレーニングを一般に – Athletes’ Performance –

ロンドンオリンピックも終わり、一時の狂騒も、銀座でのメダリストパレードでようやく一区切りつきました。私はそれほど頑張って見ていたわけではありませんが、特に女子バレーの中国戦。第5セット(^^;)から見た私はそれまでのセットのスコアを見て驚き...
BRMS一般

ビジネスルール管理システムとエキスパートシステム(4)

(前項に続く) さて、次の違いを見てみましょう。これはむしろ周辺環境の時代変化による違いだとも言えますが、 3.エキスパートシステムが流行っていた時代と比べて、コンピュータの性能が格段にアップし、メモリなどのリソースも潤沢となっている。...
BRA(ビジネスルールアプローチ)

ビジネスルール管理システムとエキスパートシステム(3)

(前項の続き) 1番目は対象分野の違いと書きましたが、その違いによって開発ツールの力点の違いがでてきます。 2.開発ツールの力点の違い ・BRMSは、比較的単純で明確なルールを容易に書け、ビジネスユーザ自身でもルールを記述できることを目...
BRMS一般

ビジネスルール管理システムとエキスパートシステム(2)

(前回の続き) ビジネスルール管理システム(BRMS)とエキスパートシステムとの違いとして、前回あげたのは適用する分野が違うということでした。まずは、その説明から 1.適用する例が違う 現在BRMSが使われている事例としては、入力データ...
BRMS一般

ビジネスルール管理システムとエキスパートシステム(1)

最近、日経BP社 ITproのメールマガジンで「最新ITの“古さ”を知らない危険」という記事を読みました。 まとめてしまえば 最新のIT関連キーワードXXは、つきつめてみると昔流行ったキーワードYYの話である という発言を情報システム...
タイトルとURLをコピーしました