オリンピック選手のトレーニングを一般に – Athletes’ Performance –

ロンドンオリンピックも終わり、一時の狂騒も、銀座でのメダリストパレードでようやく一区切りつきました。私はそれほど頑張って見ていたわけではありませんが、特に女子バレーの中国戦。第5セット(^^;)から見た私はそれまでのセットのスコアを見て驚きました。スコアがすべてを語っていたというか…。

ところで、最近のスポーツ界というのは、ITなしでは考えられないようになっていますね。試合などコートの外でもデータ戦と言えるようなバトルが繰り広げられています。

DBオンライン的ロンドンオリンピック評―過去最高メダル獲得数を支えた、さまざまなデータ活用

フィットネスまたアスリートの練習・トレーニングは、最新の科学的見地から、一昔前には考えられなかったような方法が取り入れられていたり、全くノウハウのかたまりといった感がありますね。

スポーツ、未開の大陸

なんていう連載を見ると、ICTの対象としてスポーツ分野は結構これからの分野かも…というわけで、今回も事例を…

IBMのJRulesを用いてアスリート向けのトレーニングプログラムノウハウをルール化し、一般向けにもスケールアウト(スケールアップ?)した話。

BRMSというと、日本だと金融・保険関係の話が多くて…確かに事例は多いのは事実なんだが…何だかなあと思っていたら…IBM JRulesのサクセスストーリーとして、Athletes’ Performance 社の事例を見つけました。

Athletes’ Performance社

米国アリゾナ州フェニックスを本拠とするAthletes’ Performance社は、プロフェッショナルなアスリートや選抜されたアスリート向けに独自の総合的なアプローチで運動機能トレーニング、栄養、理学療法を提供しているパイオニアの企業であり、またこれらのノウハウを一般向けにも提供している。アリゾナ、カリフォルニア、フロリダ、テキサスにトレーニング施設を持つほか、これらメニューのオンサイトでのサービスも行っているとのこと。

ビジネスの要求:
現在、スプレッドシートに散在している専門ノウハウや、行動科学、フィットネス、栄養、理学療法それぞれの第一人者の知識を コストをかけずにコード化・自動化することで、パーソナライズされたフィットネス・プログラム製品を、より大きな健康増進(wellness)のマーケットに投入していきたい。

ソリューション:
IBMのBRMS WebSphere ILOG JRules を用いて、トレーニングや栄養ノウハウをルール化し、個々の顧客に合わせてカスタマイズされた健康増進のためのプログラムを提供する。

結果:
・顧客の定着率が92%にものぼるようになった。
・1人のトレーニングスペシャリストが一度に16人の顧客を相手にできるようになった。
・長年の経験がより多くの人々に提供できるようになった。

もともと Athletes’ Performance 社は、プロフェッショナルやオリンピック級のアスリートにハイレベルな支援を行っていた企業ですが(たとえば、今シーズン、サッカーの英国プレミアリーグのエバートン(←開幕戦で香川のいるマンUと戦いましたね)をサポートしているとのこと)、このハイレベルなトレーニングノウハウを一般向けに普及させ、アマチュアのアスリートたちのマーケットに参入していこうとしたもの。

当然のことながら、そのためには、すでに世間で評価を得ているハイクオリティなトレーニングノウハウを、レベルを落とさずに幅広い層にスケールさせていくことが必要になってきます。そしてトレーニングスペシャリストの数が限られている中、これは既存のトレーニングプログラムの多くは自動化していかなければならないことを意味しています。

この自動化に際して選択されたのが、ルールベースによるアプローチ。専門家たちの高度なノウハウを、ビジネスルールの形式で表現して実装するために IBMのBRMSであるIBM WebSphere ILOG JRules が選択されました。

JRulesによるシステムを配備したことで、すべてのトレーニングメニューの「おすすめ」が直ちに、エクササイズマシンのタッチスクリーンや、モバイル端末、Webを通してアクセスすることができるようになりました。現在、社内のフィットネス専門家により過去編み出されExcelのスプレッドシートに蓄積されてきた知識、経験から、抽出された36000ものルールがJRulesのシステムに実装されています。

この JRules によるシステムは、オープンソースベースの SOA/REST の基盤にのっており、ルールの修正反映・デプロイを迅速に行うことができます。日々の評価から、ひとりひとりの顧客の情報を収集し、会社独自の方法論、コア・パフォーマンス・トレーニングメソッド(Core Performance training methodology) に照らし合わせて、それぞれカスタマイズされたプログラムを作成します。この コア・パフォーマンス処方箋エンジン(Core Performance Prescription Engine – CPPE -) は、身体の状態やペース、スケジュールを考慮に入れ実際のトレーニング方法に対してリアルタイムで修正をかけます。

また、このシステムによって、フィットネス・スタッフが常時トレーニング情報に磨きをかけていくことが可能となりました。一人のITスタッフの支援のもと、専門のトレーナーたちのチームがルールの修正をすばやく行い、その結果をただちに世界中の顧客に向けて展開することができるようになりました。

このCPPEは最適で一貫した身体トレーニングを世界中にリアルタイムで届けることのできる世界で最初のルールベースのシステムであり、またこのことにより顧客は、Athletes’ Performance 社のどの施設でも同じ、高品質で一貫したサービスが受けられるようになりました。

また、通常フィットネスクラブの顧客定着率は年間で60%程度を行ったり来たりしているものなのですが、Athletes’ Performance 社は、何と年間で92%を誇るようになっています。

さらに、このシステムにより健康増進(wellness)のガイダンスが自動化されたことで、一人のトレーナーがクオリティを落とさずに一度に16人までの顧客に対応できるようになりました。

以上、見てきてみると最近の保険などでの事例とくらべ、何というか…オーソドックスなエキスパートシステム…的な…事例です。

このシステムがうまくいっているというのは、私の想像するに

・ルールの数は多いが、それぞれのルールは単純であり(たとえば脈拍が○○以上だからちょっとペースダウン云々?) 、他のルールに長く連鎖して動く(条件が○○だからゆえに××、××だからゆえに△△、△△だから結果□□…など)部分がない。

→したがって、ひとつひとつのルールが独立していて修正変更がしやすい。

・さまざまなケースで同じルールが適用できる。

→したがって、ルールの適用できる部分については自動で処理でき、人間の専門家は、ルールに当てはまらない例外的なケースへの対応に集中できる。機械的に対応できる部分を自動化されたルールに任せることで、いわばレバレッジの効果が生まれてくる。

・現場を知っているトレーナー自身でルールを変更できる仕組みを作った。

→ルールによって自動化ができると言っても、ルールそのものが最適な結果を導いているかは今までの経験や理論以上の保証がない。したがって、その結果はサンプリングするなりして常にルールに磨きをかけていく必要があります。その際、ITの専門家を通していると変更のスピードが落ちるだけでなく、仕様の伝達ミスなども発生しかねず、いろいろな意味で変更のコストが大きくなってきます。現場の専門家自身が変更できるようになり変更がより容易に行えるようになります。

さて、こんな事例が出てくるようになると、センサーデータを駆使してリアルでアドバイスをするようなCEPを使った事例などでてきそうな気もしますね。CEPではないですが、

などの事例も出てきています。
ヘルスケアなどは今後伸びていく分野だと言われています。そしてそのヘルスケアにBRMSが活用されてきています…ちょっとおもしろいと思いませんか。

JBoss BRMS で顧客管理システム

日経コンピュータのレポートに、こんな記事がありました。

北陸コカ・コーラが顧客管理システムを刷新 - オープンソースのBRMSで投資3割減

北陸コカコーラの顧客管理システムの刷新にJBossのBRMSが採用されているそうです。記事によれば

「JBoss BRMSはシステムに組み込みたい業務プロセスのルールをフロー図上で作成でき、開発時のプログラミング作業を極力なくすことができる。保守も容易だ。組織変更で承認フローが変わっても、グラフィカルな画面でルールの定義を変更すれば済む。」

ということですが、これを見るといわゆるデシジョンとしてのルールというよりも、プロセスのフローのルールをハンドリングするためにJBossのBRMSが使われているようです。・・・ってことはむしろBPM(jBPM)の話に近い気もしますが、ともあれJBossのBRMSが使われているということでご紹介。

Sparkling Logic SMARTS

米国カリフォルニア州サニーベール(Sunnyvale)。シリコンバレーの主要都市のひとつでYahooの本社などもあるところ。そんなサニーベールで、2年前、かつてFICOでデシジョン管理ツールに携わっていたメンバーがスピンアウトして設立したのが、Sparkling Logic。今年2012年のGartnerのBPMでのCool Vendorにも選ばれたSparkling Logicは今、ビジネスルール/Decision Management界での注目ベンダーとなっています。

さて、先日ビッグデータとBRMSについて記事を書きましたが、これもまた先日、以下のSperkling Logic のプレスリリースを発見しました。

Sparkling Logic Introduces the First Decision Simulation in the Era of Big Data

Sparkling Logic SMARTS™ は、Sparkling Logic社のフラッグシップといえるデシジョン管理の製品です。世の中、ビッグデータの時代、この製品にもデシジョンのシミュレーションにビッグデータを容易に使えるような機能が加わったとのこと。

もともとデシジョン管理は(デシジョン管理は、いずれどこかできちんとまとめておこうかと思いますが、とりあえずは、以下の簡単な説明で) たとえばクレジットカードの不正使用検出などで、
1.不正の疑いがある取引をルールを用いて、フィルタリング抽出する
2.その結果や、過去のデータを用いたルールのシミュレーションなどをベースにフィルタリングルールを改善、最適化。
3.さらにふたたびそのルールを用いて実際のデータをフィルタリングする
というサイクルを絶え間なく続け、不正検出デシジョンのパフォーマンスをあげていくという活動。システム的には、ひとことで言って、BRMS+BI+シミュレーションといったところでしょうか。

今回は、このシミュレーションのデータとして容易にビッグデータを用いることができるようになったことが新しいところ。実際のトランザクションデータを用いるルールのシステムだとシミュレーションを実行しようとすると、すぐにビッグデータレベルのデータが必要になってしまうのでしょうね。最近は猫も杓子も「ビッグデータ」。ちょっとこの言葉には食傷気味ですが、しかし一方で私、個人的には「物量作戦」がコンピュータシステムの本質的なところであるとも思っているので、たぶん一過性の話には終わらないのではないかと感じている次第。

ところで、このSparkling Logic SMARTSには、もうひとつ斬新な機能があって、ユーザインタフェースのベースがSocial Media様(よう)になっていること。ルールを用いたシステムの開発には、ルールを抽出・実装・メンテナンスしていく上で、ドメインの専門家、アナリスト、SEなどさまざまな役割を持った人々が協同して作業にあたることが不可欠です。以前のBRMSだと、ルールエディタ、バージョン管理など、通常のIDEの発展形としてのプラットフォームという印象が強いのですが、Sparkling Logic SMARTS では、まず協働作業のベースとなるコラボレーションプラットフォームありきでツールにしてしまうことで、さまざまな役割を持つ人々の間での協働作業を促進し、ルールのトレースやさまざまなケースでのテスト、シミュレーションなどを包括的にサポートするようになっています。BRMS meets Social Media といったところでしょうか。

もっとも、私もこのツールをいまだ実際に試してみてはいないので、本当に使いこなせるのかどうかの懸念もなくはないのですが、あのIBMもWebshere Operational Decision Management の最新版では Social Media的インタフェースを結構本気でアピールもしているので、時代の流れは案外そういった方向に行くのかもしれませんね。

ビジネスルール管理システム (BRMS) の動向 US 2011-2012

以前、このブログでBRMSの市場について取り上げた記事を書きましたが、最近USでのBRMSの動向について、ブログやレポートを見る機会があったので、個人的な視点含めごく簡単にまとめてみました。(ちなみに、ここで言っているBRMSとは、日経コンピュータの例の記事で言う「ビジネスルール特化型」のことなので念のため。「オールインワン型」はここでは含まれていません)

USのBRMS市場は2008年から2010年にかけて年2ケタ成長を続けており、すべての開発ツールの市場の中でも成長率の非常に高い市場のひとつとなっています。その規模は昨年で軽く6億ドルを超える程度になっていると推計されています。

また、ここ数年合併・統合が多くみられるのもこの市場の特徴です。ビジネスポリシーやルールの急速な変化に合わせて、システムも変更して行こうとすると、BRMSのようにビジネスルールのライフサイクル全般にわたって統合的に管理するツールが必要になってくるのでしょう。大手のベンダは、そのようなBRMSの潜在力に着目し、有望なBRMSベンダを取り込んでいく傾向にあります。Ilogを買収したIBM、HaleyはOracleに、YasuがSAP、InnovationsがBoschに、そして最近ではCorticonがProgressに買収されています。

さて最近のBRMSベンダの状況ですが、ある程度の地歩を保ちながら大企業向けなどで比較的元気のあるのは、以下のベンダー。

  • IBM(旧Ilog JRules)
    言わずと知れたBRMSの巨人。BRMSは、比較的細かい制御が可能な開発者寄りの製品と、細かい制御よりもむしろ簡単に扱えることに重点を置いたビジネスユーザ寄りの製品とがあります。この分類でいえば、IBMのBRMSは、古くからあるだけに、もともとは開発者寄りの製品ではありますが、ビジネスユーザ向けの機能も充実させてきており、幅広い範囲に受け入れられるようになってきています。ただ、IBMはこのところBRMSとしての機能よりもBPMやCEPとの統合に力を入れている様子です。
  • Red Hat JBoss (JBoss Drools)
    もとはオープンソースのJBoss BRMSは、私は勝手に貧者のJRules(!)と呼んでおり、ここ数年特に、基本機能がかなり充実してきました。ただどちらかというと開発者向けの機能の方が優先で開発され、後からデシジョンテーブルやDSLなどのユーザ向け機能が後から追いつくという感があります。
  • InRule Technology (InRule)
    .Net向けのツールの最右翼。.Netには、IBM Ilog、Corticon、FICOなど対応しているツールは多いですが、その大部分はJavaをメインのターゲットにしているツールであり、.NetはJavaツールの.Net対応版として提供されています。その中でメインターゲットとして.Netを対象としているInRuleは、BRMSとして貴重な存在です。
  • Bosch Software Innovations (Visual Rules)
    BRMSの欧州の雄(Ilog JRules も元々はフランス生まれですが…)。グラフィカルなルール表現が特徴のVisual Rules。欧州では大きく伸びているようです。
  • Progress (Progress Corticon)
    Ilogなどに比べれば新進といえますが、最近の伸びは目を見張るものがあります。もとはユーザ(医者)が中心になってベースを設計しているので、ビジネスユーザ寄りの機能が充実した製品です。Corticonは、上記InRuleやBoschなどとともに顧客を非常に増やしています。

その他BRMSの有名どころでは、

  • FICO (BlazeAdvisor)
    最近はBRMSプラットフォームというよりも、ハイエンドのデシジョンマネジメントの「ソリューション」を提供することに力を入れているのではないかという見方が・・・。

またOracleも自前のBRMSを持っています。

  • Oracle
    Oracleは、実は2つのルールエンジンを持っていて、ひとつは買収したHaley系のOracle Policy Automation、もう一つは Jess がベースとなっている Oracle Business Rules です。このうちOracle Business Rules はOracle SOA Suiteのコンポーネントとしてのみ提供されているようです。

そして、新進気鋭と言える注目ベンダとしては

  • OpenRules
    Excelなどの表形式でルールを記述するオープンソースのBRMS。ビジネスユーザ寄りの製品として機能が充実してきているようです。
  • SparklingLogic
    ベテランのルール専門家がその経験を生かして開発したツール。ビジネスユーザ寄りの機能が充実しており、またReteで有名なForgy博士も顧問として名を連ね、新たなアルゴリズム Rete NT を採用しています。

ほかに、BPMなどの他の機能とともに提供されたりする(SAP, Pegaなど)ことも多く、BRMSのベンダは、ここにあげた以上にたくさんあるので、下記のリンクなどを参考にしてみてください。

ブログ

JT on EDM

Business Policy and Rule Vendor Round Up

レポート

Gartner, Vendors in the Business Rule Market, 2012

Forrester, Market Overview: Business Rules Platforms 2011

The Business Value of Business Rules Management Systems
Sponsored by: IBM

エンタープライズマッシュアップ

 Web2.0やマッシュアップという言葉が流行っていたころ、一部で「エンタープライズマッシュアップ」という言葉が使われた時期がありました。まあ、読んで字のごとく、「企業におけるマッシュアップ」ということで、その心は社内外のWeb-APIを組み合わせて企業内のポータルなどを構築する方法論というようなイメージでしょうか。最近はあまり聞かれなくなりましたが、ことさら「マッシュアップ」という言葉を使わなくても、Web上での開発のひとつの方法論としてある程度定着したからなのでしょうか。

 さて、この言葉を思い出したのは、最近ある雑誌の記事を読んだからです。日経コンピュータの最新9月29日号の「システムを「作らず」に作った」という記事。今回作ったシステムは、ユーザインタフェース部分でひとつのクラウド、帳票生成サービス用のクラウド、ルールエンジン用のクラウド、3つのクラウドの間で通信しながら処理を行うというまさに 「クラウド間でSOAを実現しちゃいました」 的なちょっとおもしろいシステムです。そこそこのパフォーマンスも出ているようで一昔前なら夢物語だったような世界が手の届くところまで来たということですね。

 もちろんこのブログの趣旨からして強調したいのは、ルールエンジンでして・・・^^;。最近のルールエンジンのひとつの典型的な使い方として、今回の例のように、保険料の計算や整合性チェックなどのビジネスロジックの処理部分を、ルールエンジンを用いて独立したWebサービスとして提供するというのがあります。そして将来的には、このサービスをさまざまなアプリケーションで使いまわすということ…もっとも、日本国内で「さまざまなアプリケーションで使いまわす」というところまで行っているところはさすがにまだ聞いたことがないのですが…。

 今回、ルールエンジンがクラウドにのったということになると、上記のようなことがやりやすくなるだけでなく、(もちろんセキュリティの面など解決しなければならないことは多いですが)ルールエンジンを用いてビジネスロジックの処理をサービスとして提供するような可能性、幅がより拡がってくことになるでしょう。冒頭に述べた「マッシュアップ」は、ウィジェットを組み合わせてユーザインタフェース部分をひとつにまとめる感が強いですが、今回のケースは、もう少しビジネスのロジックに踏み込み、クラウドに散在するWebサービス間で物事を処理していく、いわばインターネットSOA、クラウドtoクラウドSOAが始まりつつあるということではないでしょうか。

 最初はルールエンジンの話を書こうと思っていたのですが、結局最後はSOAの話になってしまいましたね。長くなるのでルールの話はぜひ記事を…。

(2012年1月12日追記) この日経コンピュータの記事は、日経の電子版の12月28日つけ記事「システムを「作らず」に作った…得られた八つの利点」として読めるようになりました。

BPM本

ずいぶんと間があいてしまいましたが、今日は、ちょっと前に読んだBPM、SOAに関する概説書が思いのほかおもしろかったのでその紹介。

その書「BPMがビジネスを変える」は、日本語で読めるようなBPMの本はないかと探していたときに(→実は思ったよりも少ない)、BPMNなどの本と一緒に手に入れた本です。まあ軽く読めそうですし、たまには概説書を読むのも悪くはないか・・・と、あまり期待はせず(失礼!)読み始めたところ、これが意外にもおもしろく読めました。

概説書というと、大抵その言葉の解説+背景の説明ちょっとくらいで、ひととおりさっと読んでおしまいというのが多いのですが、この本はBPMの単なる概説書というよりも、(BPMを中心においてはいますが)BPMに限らない企業のIT化に関しての鳥瞰図を与える書と言った方が適切でしょう。企業のIT化というと、SOA、SCM、CRM、ERP・・・といったIT系バズワードが浮かび、この本もご多分にもれずそういった単語がそこかしこに見られます(→ちなみに若干前の出版なので「クラウド」という言葉は出てきません)。が、この本ではそういったバズワードが単なるバズワードではなくIT化の視点から適切に位置づけられて説明されているのでバズワードに食傷気味の方もいちいち納得させられるかもしれません。

普段、実装をメインにやっておられるエンジニアの方も、業務を中心に見るビジネスアナリストの方も、企業のIT化を考えるベースとして本書を読むと結構おもしろく読めるのではないでしょうか。

(ちなみにアマゾンをみてみると、今ユーズドしか手に入らないようです・・・残念)



BPM、SOA そして BRM(続き)

企業の基幹システムのルーツ・・・それこそ汎用機の創世期~全盛期とも言える数十年前・・・は、多くの企業で(たぶん)会計関連のシステムだったのではないでしょうか。月末月初の締めの時期になると人海戦術でそろばんをはじきながら月報を作ったり・・・。人が手を動かす計算の嵐なので比較的計算機に乗せやすかったのかなとおもいます。

そのうちに(もしくは同時並行的に)販売管理や生産管理などのシステムができて、(「サイロ」システムがたくさんできて)その間のデータ交換を人が手で橋渡ししたり、データを変換したり・・・実はちょっと前(といっても20年近く前)までは、「サイロ」システム間のデータのやりとりは今とは比べ物にならないくらい面倒でした。TCP/IPなどの今日のインターネット系のプロトコルは、それほど一般的でなくて、IBMだとSNA、富士通だとFNA、一方でNetWareがあったり・・・。そうこうしているうちにインターネットが盛んになってきてTCP/IPベースのプロトコルが標準となり、一方でXMLが表れシステム相互のデータ交換に対する敷居がさがってきて、システム的にはEAIひいてはBPMにつながっていったのでしょう。

さてさて、ふだん会社での仕事と言われるものを考えると、人と人とのコミュニケーションだったり、アイデアを出したり、資料の調査をしたり、手順にしたがってひたすらに手を動かして結果を出したり、その中でなんらかの判断基準で意志決定をしたりとさまざまなものが思い浮かびます。

BPM、SOA、BRMとは、非常に大雑把でアナロジカルな言い方ですが、ひたすら手を動かす個々の作業がSOAのサービスにあたり、それぞれをつなげる手順がBPMで、さらにその中の業務的な意志決定がBRMにあたると言えるのではないでしょうか。そう考えるとBPM、SOAだけでなくBRMももっと広範に応用されても良いような気がします。

(・・・と、今日は少々我田引水でしたね。前置きもあまり関係ないし^^;)

BPM、SOA そして BRM

最近は、BRMSの周辺がいろいろ騒がしいですね。ちょっと前になりますが、

IBMがILOGを買収。
(IBM ILOG社の買収計画を発表 – Japan
アイログ【IBM、ILOG社の買収計画を発表】)

したり・・・。特にBPM、SOAの枠組みの中のひとつの重要なパートとしてBRMが位置づけられるようになってきたのが最近の流れ。BPMが一般的になり適用事例が増えてくるにつれ、意思決定のルールをすべてプロセスフローに組み込んでしまうとフローが非常に煩雑になってしまうという認識が広まり、意思決定のルールはルールとして切り分けて管理したいという要望が強くなってきたということなのでしょう。

もっともBPMとBRMとの関係は前々から・・・たとえば昨年、日本ではBPMツールの草分けARISの中に、Corticonが組み込まれるようになったり(IDSシェアー・ジャパン、ARIS Business Rules Designer を発表)・・・あり、上に挙げたような認識は前々からありましたが、それが現実のものとして受け取られるようになってきたのが昨今ということでしょうか。