BPM、SOA そして BRM(続き)

企業の基幹システムのルーツ・・・それこそ汎用機の創世期~全盛期とも言える数十年前・・・は、多くの企業で(たぶん)会計関連のシステムだったのではないでしょうか。月末月初の締めの時期になると人海戦術でそろばんをはじきながら月報を作ったり・・・。人が手を動かす計算の嵐なので比較的計算機に乗せやすかったのかなとおもいます。

そのうちに(もしくは同時並行的に)販売管理や生産管理などのシステムができて、(「サイロ」システムがたくさんできて)その間のデータ交換を人が手で橋渡ししたり、データを変換したり・・・実はちょっと前(といっても20年近く前)までは、「サイロ」システム間のデータのやりとりは今とは比べ物にならないくらい面倒でした。TCP/IPなどの今日のインターネット系のプロトコルは、それほど一般的でなくて、IBMだとSNA、富士通だとFNA、一方でNetWareがあったり・・・。そうこうしているうちにインターネットが盛んになってきてTCP/IPベースのプロトコルが標準となり、一方でXMLが表れシステム相互のデータ交換に対する敷居がさがってきて、システム的にはEAIひいてはBPMにつながっていったのでしょう。

さてさて、ふだん会社での仕事と言われるものを考えると、人と人とのコミュニケーションだったり、アイデアを出したり、資料の調査をしたり、手順にしたがってひたすらに手を動かして結果を出したり、その中でなんらかの判断基準で意志決定をしたりとさまざまなものが思い浮かびます。

BPM、SOA、BRMとは、非常に大雑把でアナロジカルな言い方ですが、ひたすら手を動かす個々の作業がSOAのサービスにあたり、それぞれをつなげる手順がBPMで、さらにその中の業務的な意志決定がBRMにあたると言えるのではないでしょうか。そう考えるとBPM、SOAだけでなくBRMももっと広範に応用されても良いような気がします。

(・・・と、今日は少々我田引水でしたね。前置きもあまり関係ないし^^;)

BPM、SOA そして BRM

最近は、BRMSの周辺がいろいろ騒がしいですね。ちょっと前になりますが、

IBMがILOGを買収。
(IBM ILOG社の買収計画を発表 – Japan
アイログ【IBM、ILOG社の買収計画を発表】)

したり・・・。特にBPM、SOAの枠組みの中のひとつの重要なパートとしてBRMが位置づけられるようになってきたのが最近の流れ。BPMが一般的になり適用事例が増えてくるにつれ、意思決定のルールをすべてプロセスフローに組み込んでしまうとフローが非常に煩雑になってしまうという認識が広まり、意思決定のルールはルールとして切り分けて管理したいという要望が強くなってきたということなのでしょう。

もっともBPMとBRMとの関係は前々から・・・たとえば昨年、日本ではBPMツールの草分けARISの中に、Corticonが組み込まれるようになったり(IDSシェアー・ジャパン、ARIS Business Rules Designer を発表)・・・あり、上に挙げたような認識は前々からありましたが、それが現実のものとして受け取られるようになってきたのが昨今ということでしょうか。

Drools 5

本家のサイトの更新がままならぬうちに、Drools5が出てしまいました。まだマイルストーンリリースの段階ではありますが、いろいろとおもしろい機能がありますね。いくつかのコンポーネント guvnor(BRMS)、Flow、Expert、Fusion、Solver からできているようで、Solverはもちろんのこと読んでみるとCEP(Complex Event Processing)などという単語も出てきたり・・・。今後の正式リリースが待たれるところであります。

それはともかく、今まで「ビジネスルールの館」というサイトを細々とながら続けてきましたが、どうもきちんとしたページを作るとなると多少構えてしまい、更新も滞りがち・・・。というわけで平行してブログの形のコンテンツを作ってみました。今後多少は更新頻度もあがるかな? まあぼちぼちと進めていきたいとおもいます。