BRMS一般

BRMS一般

ハイブリッドAI (2) – 理論知識型+データ駆動型 = 第4世代AI –

現在はディープラーニングを中心とした機械学習による第3世代AIを主流とする時代です。この第3世代AIはパターンを認識する上ではこの上なく強力ではありますが、一方で意味づけや論理といった高次の知的活動が抜け落ちています。パターン認識が得意な...
BRMS一般

ハイブリッドAI (1) – 右脳と左脳 –

近年、ハイブリッドAIというAIが注目を集めています。もっともハイブリッドAIという言葉の定義にはっきりしたものはなく、あるときは、 1.理論知識型AI+データ駆動型AI (AL ハイブリッドAI) であったり、またあるときは...
BRMS一般

ルールベースAI – イアン・ブレマー氏の記事から –

何年ぶりかの投稿になってしまいましたが、またぼちぼちと書き溜めていこうかと思っております。 さて、木曜日(26日)の日経新聞朝刊にイアン・ブレマー(毎年、今年の10大リスク...などとよく新聞に載っている、あのイアン・ブレマー氏です...
BRA(ビジネスルールアプローチ)

BRMSで実験してみました-宣言的プログラミングのすすめ (2)-

Droolsを使って、ルールベース(BRMS)の動きを見るためにちょっと実験してみました。Droolsで、Projectをつくるとサンプルのプログラムをつくってくれますが、それをすこしばかり修正しての実験です。 (ルールベースの動きの基本は...
BRA(ビジネスルールアプローチ)

if-then文とif-thenルール -宣言的プログラミングのすすめ (1)-

この前の更新からずいぶんと間があいてしまいましたが、最近、ビジネスルールというか、「ルール」というものの認識についてどうも気になることがあったので、考え方としては前回と重なる部分も多いかと思いましたが、再び記事を書いてみました。またこれに限...
BRMS一般

プログラミングパラダイムとしてのルールベース

BRMSの多くが依拠しているルールを用いたプログラミング(ルールベースプログラミング)について、最近はなかなか正面からの解説が少ないように思います。これは、最近のBRMSの適用例の多くが入力チェックや、査定、不正検知など、あまりルールベース...
BI

「超高速開発」だけがBRMSのメリットか?

昨年あたりから、「超高速開発」のツールとしてBRMSが取り上げられることが多いのですが、BRMSは本当に「超高速開発」のツールなのでしょうか。 確かに、開発のスピードを速めることになるのは確かなのですが、どうも「超高速開発」ばかりが強調さ...
BRA(ビジネスルールアプローチ)

もう、こんなことを決めなくてはいけないの? -BRMSのプロジェクトにて-

BRMSを用いた開発プロジェクトは規模が大きいと、多くの場合、 ・画面等を中心としたアプリケーション開発チーム ・BRMSを用いたルール開発チーム に別れて、ウォーターフォール的に進められますが、その場合、BRMSチームの方は従来の一般...
BRMS一般

Red Hat フォーラム 2013…生産計画とBRMS

金曜日に、Red Hat フォーラム 2013 に行ってきました。もちろんJBoss BRMS に関連するセッションを聞いてきたのですが、今回の一番の収穫は、生産計画にBRMSを適用してうまくいった事例を聞けたこと。 今まで、生産計画にB...
BRMS一般

OpenRules入門

オープンソースのBRMSとして、OpenRulesを試してみました。Drools もBRMSとして完成度が高く、さまざまな高度な技もできたり柔軟な対応ができますが、一方でDroolsでルールを実際に動かすまでにはそれなりに準備が必要で、(プ...
タイトルとURLをコピーしました